Have any questions? Contact us

888-888-8888

弾かなくなったピアノの処分

8月 8, 2015 by ブログ情報 No Comments

子供時代に習い事をさせる場合、スポーツ、芸術、勉強とジャンルは色々ありますが、一つ習わせるならピアノだけで良いというお話を聞いた事があります。

ピアノを弾く為に必要な能力は、暗記、繊細さ、楽譜の先を読むという先見性などがあり、様々な能力が発達するのだそうです。
そんなピアノをわが子にも是非習わせたいというのは、今だけではなく昔から習い事として人気がありましたね。

特に女の子はピアノ、というイメージがあり、女子の家には一台ピアノがあるというのも大げさではないでしょう。ところがピアノは幼少期のお稽古とされる事が多く、ピアノのお稽古を止めた後は誰も使わず家の片隅に場所だけ取っている大きな置物となっているという家が多いものです。

子供の成長や独立を機に使わなくなったピアノを処分したいと思った時、一番に思いつくのが中古ピアノの買取りですね。電話一本で査定に来てくれるので、便利です。

我が家も昔使っていたピアノがすっかり置物と化し、家族からは邪魔物扱いされていた時に買取業者に査定に来てもらった事があります。ピアノの買取手順はこちらが参考になります。

弾かなくなったとはいえ、長年見慣れたピアノには愛着もあり、良い値段で査定して欲しい、と希望していたものの結果は驚くほど安く家族一同愕然としてしまいました。

新品で購入した時にはかなり高額だったものでも、年数が経過すると本当に二束三文、ほぼ価格が無いと言われ、それではもったいない気がしたので結局家に置いておくことにしました。

その後、孫世代が生まれてその子供達が弾くようになり、古いながらも調律も毎年来てもらって何とかピアノとして復活しました。

ピアノを新たに購入しようとすると、中古ピアノでも何十万とするものです。
きっとこのピアノも買取価格は微々たるものだったもののそのまま買い取られていたら、調整された後、数十万の中古ピアノとして販売されていたのだろうと思います。

あの時手放さなくて良かったという思いもありますがこれはまたピアノを弾く人が出てきた家のケースで、使う人がいなければやはり買取って貰うのが現実的ですよね。

Comments are closed.