Have any questions? Contact us

888-888-8888

カラコンをする上でのメリット、デメリットについて

2月 27, 2016 by ブログ情報 No Comments

カラコンはメリットとデメリットがあります。

今回はそのメリット、デメリットについてのお話をしようとおもいます。

カラコンをするメリット

カラコンをするとどのような良い影響があるのでしょうか?1つは目ヂカラが普通に化粧をするよりも断然でることです。

化粧をたくさんしなくても、もはやすっぴんであってもちっとも化粧をしてないようには見えなくなります。

カラコンが世の中に多く普及する前はアイライナーやアイシャドウなどで目を囲んだりするメイクが流行りましたがやりすぎるとどうしても派手に、変になりがちでした。

しかし、カラコンをいれることによって目の周りをくろ~く囲んだりするするよりもずっと目ぢからを出すことができますし、変になることもそうはありません。

2つ目は視力矯正をかねたものもあるということです。

カラーコンタクトはもちろん視力矯正のないものもありますが基本的にはふつうのコンタクトと同様に視力矯正をしているものが多いためどんな視力の人でも基本的には使用することができます。

今は様々な種類やカラーのカラーコンタクトがあるので選ぶ楽しみもカラーコンタクトの醍醐味だと思います。

2点のメリットについて述べてきましたが、やはり大きいのは安価なのに違った自分になれる!ということではないでしょうか?

カラコンをするデメリット

カラコンをするデメリットはズバリ「健康被害」であると思います。

カラコンは先ほども述べましたが視力矯正が必要な人でも必要ない人でも簡単に使えるところです。

しかし、その視力を落とす原因にもなっているということです。

特に視力矯正のいらない人がし続けるとものが見えにくくなったりせっかく視力が良かったのにカラコンをつけ続けた結果悪くなったという方も多くいるそうです。

次の健康被害は「目の病気」です。

カラコンは管理が大変です。

ワンデイだったら毎日新しいのに変えなければなりませんし、2ウィークだったり1年のだったりのものは毎日毎日手洗いをしたり、錠剤の殺菌作用のあるものを入れて管理しなければなりません。

それをしなかった結果、最悪失明したという方も多くいるそうです。

「カラコン アメーバ」などで検索するととてもとても恐ろしい画像がヒットします…。

そして費用面でもかなりのデメリットがあると思います。

洗浄剤やワンデイなどでも費用は馬鹿になりませんし維持費がとてもかかるものです。

デメリットもかなり大きいですのでカラコンをするときは医療機関で診てもらう必要があるでしょう。

このようにカラコン激安度ありには良いとこも悪いところもあります。

それを理解した上で使用する必要があるでしょう!

Comments are closed.