Have any questions? Contact us

888-888-8888

理容室について

9月 4, 2015 by ブログ情報 No Comments

皆さんは、理容室と美容室の違いって知っていますか?パッと思い浮かぶのが理容室は男性、美容室は女性が行く所と思う方が多いのではないのでしょうか?そこで今回は[理容室と美容室の違い]と[理容室と美容室どのように使い分ける?][理容室は目印があるか?]かについて紹介していきたいと思います。

理容室と美容室の違い

先程も言ったように理容室は男性、美容室は女性と言う思う方もいると思いますが、実はこれは男女の違いではなく法律の業務範囲が違うのです。

理容の場合頭髪の刈り込みやカット、シェービングなど容姿を整えることです。

美容の場合化粧や結髪、パーマなど容姿を美しくすることです。

最初に昭和23年に「理容師法」が作られました。

これは理容も美容も法律が一緒だった時のことです。

そして徐々に変わっていき昭和32年に「理容師法」と「美容師法」の単独の法律ができ分かれたのです。

つまり本来カットは理容が初めだったと言う事です。

昔で言えば男性は理容室を利用する方が多かったと思いますが今では、男性の方でも美容室を利用する方も多くなってきています。

今では、理容室と美容室余り違いがありませんが、あると言えば理容室は髭やうぶ毛などを剃ってくれると言う事でしょうか。

また温かいタオルを出してくれそれを顔の上にのせるのが気持ちいいと思う男性が多いのではないのでしょうか。

そして値段の方も美容室より理容室の方が断然安いです。

美容室は見習いなどで2000 円でカットしてくれる所もありますが、だいたいは3000~5000円の所がほとんどでしょう。

それに比べて理容室は、1000円カットの所もありますし少し高めでも2000~300円でカットできてしまいます。

理容室と美容室どのように使い分ける?

今の時代の若い男性方々は、理容室がダサいと思っている方いるのではないのでしょうか?そんなことはありません。

先程も言ったように、そこまで違いはありません。

しかしサッパリとした髪型や男前な髪型をしたい場合は、浦添理容室をオススメします。

髭やうぶ毛も剃ってもらいサッパリして男前になるでしょう。

今風な感じの髪型やお洒落な髪型をしたい場合は美容室に行くように使い分ければ良いのです。

理容室は目印があるか?

今では理容室もお洒落な所があるので少し分かりづらい場合もあると思います。

しかし大丈夫です。

理容室は、とても分かりやすいのです。

昔よく見かけたことがあると思いますが、赤青白のラインがグルグルしてるサインポールがある所が理容室です。

昔からの目印でよく分かりやすいと思います。

理容室と美容室を使い分けて自分にあったヘアスタイルを見つけてみるのも良いと思います。

Comments are closed.