Have any questions? Contact us

888-888-8888

最短で7日間から!ウィークリーマンションの上手な活用方法

11月 2, 2015 by ブログ情報 No Comments

ウィークリーマンションとは、どうものなのでしょうか。

最も大きな特徴は、普通の賃貸アパートとは違い、最短で7日間からと非常に短気的なスパンで契約し住む事の出来る賃貸物件となっています。

入居にあたり「定期借家契約」を交わす事から、入居日と退去日を明確にする必要があります。

費用の面では、入居持に決めた日数分の家賃と清掃費のみとなり、光熱費は賃料に含まれている事が多くあります。

普通の賃貸アパートの様に、敷金や礼金その他仲介手数料や保証金等が掛からない為、金銭的にもとても優しいのです。

そして、保証人も必要がない為、入居時にある審査がとても通りやすいのです。

又、物件の多くがソファーやテーブル等の家具や電子レンジやテレビや洗濯機等の家電、ベッド等と、生活する必需品が既に備え付けてある為、家電製品を揃えるという手間が掛からないので、希望する物件が見つかり審査も通り契約さえ交わせば、そのまま直ぐに生活が送れてしまうのです。

この様に浦添ウィークリーマンションには、費用の面や、契約や生活を送る為の手間がほとんど掛からない為、沢山メリットがあると言えます。

それでは、反対にウィークリーマンションにはデメリットはあるのでしょうか。

費用の面では、入居期間を定めなければ契約が交わせない為に、その期間分を一括で支払う様になる為、入居時はまとまったお金が必要になってきます。

そして、家電製品が既に揃っている為に、自分のセンスや趣味に合わせた家具を選ぶ事が出来ないのです。

又、長期ではなく短期的な居住を目的とした、いわゆる仮の住まいの場所になる為に、賃貸の多くが防音の面で、壁が薄い等といった問題がよくあり、物音がよく隣から聞こえるといった弊害もあるのです。

そして、契約の面では保証人が必要ない為に、ほぼ誰でも審査が通り住めるという安易さがある事から、どんな人物が自分の周りに住んでいるのか分からないという不安もあるのです。

最後に、メリットもデメリットもあるウィークリーマンションですが、それらを踏まえた上で特に適している方というのは、サラリーマンの方の出張や、家の建て替え時の家族の方の仮の住まいとしたり、山をはって試験勉強に集中したい学生の方や、勤務期間の定まった日雇いや派遣労働者の方等が上げられます。

この様に、短期的に明確な目的がある方なら、とても便利で有効に活用する事が出来るのがウィークリーマンションであるのです。

Comments are closed.